ファッションウィッグのフォンテーヌが
運営する、見るだけでも楽しい
おしゃれなお出かけ情報をお届け♪

ファッションウィッグのフォンテーヌが運営する、
見るだけでも楽しいおしゃれなお出かけ情報をお届け♪

店内

さわやかな秋の日は、日向薬師と森のカフェへ。

No. 188

少しずつ夏の暑さが和らぎ、過ごしやすくなってきた今日この頃。さわやかでおだやかな休日には、秋を満喫しに森の中にいるような緑豊かな場所へお出かけしませんか?今回わたしは、神奈川県伊勢原市にある日向薬師へ行ってきましたよ!

境内

日向薬師は、奈良時代初頭の716年に僧行基によって開山された高野山真言宗の寺院。病気平癒のご利益があるとされています。

小田急小田原線「伊勢原駅」からバスに揺られること約20分。終点の日向薬師で下車し、民家が建ち並ぶ通りを抜けると、目の前には長い階段がありました。

階段

急な階段を上りきると、そこには立派な仁王門が。左右にある金剛力士像はそれぞれ、伊勢原市指定文化財になっているそうです。市の文化財紹介サイトによると、江戸時代末の1833年に、鎌倉仏師・後藤真慶が造像したとのこと。木材を彫って造られたとは思えないほど、精巧で貫禄のあるお姿でした。

金剛力士像

そして、門をくぐると更なる階段が。まるで森の中に迷い込んだような雰囲気で、俗世の騒がしい空気とは異なる、シンとして神聖な厳かさが漂っています。

森の中

日向薬師はハイキングコースにもなっているため、階段だけでなく、登りづらい山道もあります。また、道の両脇には目をみはるような立派な大木がたくさん茂っており、疲れも忘れて思わず見惚れてしまいました。ただ佇んでいるだけの木から、強い生命力が感じられます。

大きな木

坂道に息も上がってきたところで、やっと境内にたどりつきそうです。正確に計ったわけではありませんが、仁王門から10~15分くらい歩いたのではないでしょうか。

階段1

最後の階段を上ると、薬師堂(本堂)がありました。周辺は緑に囲まれていますが、どこまでも広がる青空を見渡すことができて、とても気持ちが良い場所だと感じます。清浄で開放感のある空気に満ちていましたよ。

薬師堂の最大の特徴は、茅葺(かやぶきやね)屋根で創られているところ。親しみやあたたかさが感じられる建物です。さらに、国の重要文化財に指定されている本尊・薬師如来像など、たくさんの貴重な仏像が祀られています。

薬師堂さて、日向薬師でお参りをすませたあとは、素敵なカフェへのんびりしに出かけましょう!わたしが訪れたのは、葉っぱのきもち森のカフェ。日向薬師から伊勢原駅行きのバスに乗り、途中の温泉入口で下車して徒歩5分程度の場所にあるので、参拝後に立ち寄るのがおすすめですよ。

happanokimochi

お店は普通の一軒家。なんだか隠れ家のような雰囲気で、ワクワクします。

外観

入口も普通の玄関ですが、クリーム色の扉やリース、レトロなブラケットライトなどが印象的で、かわいらしい雰囲気。

入口

ランチは15時までとのことで14時半ごろに行ったのですが、すでに終了していました。せっかくなので、チョコレートとナッツのパウンドケーキとコーヒーで一休みすることに。

ティーセット

濃厚なケーキと苦みの効いたコーヒーは相性抜群。そして、フレッシュなフルーツが添えられているところも嬉しかったです。

木のぬくもりを感じさせる店内には、ドライフラワーが飾られていたり、作家さんの陶器が置かれていたりと、どこかアンティークな雰囲気。絵本もあったので、お子さん連れの方でも安心です。

店内1

テラス席の外にある大きな木の枝では、仲の良い2羽の鳥が遊びに来てさえずっていました。森のカフェという名前の通り、緑に囲まれた環境で美味しい食事やドリンクを楽しめるので、心まで癒されますよ。

こちらのお店は予約もできるようなので(ディナーは予約制)、特別な日やのんびりと過ごしたいときにもおすすめです。

店内

今回は、さわやかな秋にのんびりと訪ねてみたい場所をご紹介しました。神奈川県伊勢原市は、都心から約1時間で行ける緑豊かな土地。日向薬師の近くには七沢温泉があり、風情ある旅館が点在しています。参拝後は、日帰りや宿泊で温泉に浸かるのもいいですね。みなさんもぜひ、おしゃれをしてお出かけしてみてくださいね!

<日向薬師>
神奈川県伊勢原市日向1644
0463-95-1416

<葉っぱのきもち森のカフェ>
神奈川県伊勢原市西富岡1067
0463-45-4474
営業時間:11:30~15:00(ランチ)、11:30~17:00(カフェ)、18:00~21:00(ディナー)
定休日:火曜日

※詳しくはお問い合わせください。

-