ファッションウィッグのフォンテーヌが
運営する、見るだけでも楽しい
おしゃれなお出かけ情報をお届け♪

ファッションウィッグのフォンテーヌが運営する、
見るだけでも楽しいおしゃれなお出かけ情報をお届け♪

アジサイ2

小田原城址公園のあじさいとランチで、くつろぎの時間を

No. 225

「新しい生活様式」での初めての夏がやってきますね。予断を許さない状況ではありますが、「旅行やお出かけをしてリフレッシュしたい」と思っている方も多いのではないでしょうか。

今回わたしは、季節の花を楽しむため小田原へお出かけしてきました。「まだまだ人ごみが不安」という方は、草花などの自然を愛でるのがおすすめですよ。

アジサイ3

訪れたのは、小田原駅から徒歩約10分の場所にある「小田原城址公園」。広い園内には、天守閣やNINJA館(歴史見聞館)、こども遊園地など、さまざまな施設がありますが、四季折々の美しい花も見どころのひとつです。

公園

わたしが出かけた6月中旬は、ハナショウブとアジサイが見ごろで、たくさんの人が咲き誇る花を楽しんでいましたよ。

公園2

淡い藤色から濃い紫色まで、美しいグラデーションを楽しめるハナショウブ。和風な佇まいが素敵です。

ハナショウブ

公園内には、さまざまな色のアジサイが咲いていました。

アジサイ2

まるで花火のような、かわいらしいアジサイ。

アジサイ

純白のアジサイは、どこか可憐な印象。

アジサイ4

美しい季節の花を満喫したら、次は、おいしいランチを食べに行きましょう。小田原駅から伊豆箱根鉄道大雄山線に乗り、飯田岡駅へ移動します。小田原市と南足柄市を結ぶ大雄山線は、3両編成の単線で、ローカルな雰囲気が良い感じです。

大雄山線

向かったのは、駅から歩いて約5分の場所にある「お寺カフェ 瑞鳥庵」。木々に囲まれた一軒家で、アロマオイルトリートメントなどを行うサロンも併設されているみたいです。

瑞鳥庵

注文したミートローフのランチは、副菜の種類も多くボリューム満点。野菜もたっぷり食べられます。ほろほろ柔らかく優しい味わいのミートローフに大満足です。ちなみに、わたしが訪ねたときは、コロナの影響で完全予約制でした。事前に問い合わせをしてから利用したほうがいいかもしれません。

ランチ

お店のすぐそばには、急な階段が目を引く神社が。せっかくなので、お参りをしていくことに。

天神社

帰宅後に調べてみたところ、「北ノ窪天神社」という神社だそう。菅原道真(すがわらみちざね)が祀られてます。階段を上りきった場所に拝殿があるので、広がる街並みを見下ろせて気持ちが良かったですよ。

天神社2

神社のとなりには「浄土宗 陽雲寺」というお寺もありました。ランチをした「お寺カフェ 瑞鳥庵」のスタッフの方のご実家だそうです。

陽雲寺

駅までの通りを歩いていると、道端には素朴な道祖神が。路傍の神である道祖神は、外から来る魔や災いを遮り、子孫繁栄や交通安全などの神様として信仰されているとのこと。代々その土地を見守る身近な神様なのですね。

道祖神

さて、のんびり街歩きをした後は、再び大雄山線に乗って小田原駅へ。駅直結の「ラスカ小田原」内にある「カフェ・ラ・ミル」で一休みです。都内を中心に、横浜や千葉にもお店を展開しています。

店内は、ゆったりとした座席配置で落ち着いた雰囲気。わたしが座った窓際の席からは、街の向こうにある海も見えました。

注文したのは、コーヒーの上にホイップクリームがのっている「カフェ ウィンナー」。コーヒーの苦みとクリームの優しい甘さが口の中に広がり、思わずしあわせな気分に。くつろぎの空間で、ほっと一息つくことができました。

コーヒー

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだまだ外出に不安を感じる方もいるかもしれません。そんなときは3密を避け、公園などでのんびり過ごすのがおすすめです。マスク着用や手洗いなど、基本的なことに気を付けながら、ぜひ息抜きをしに出かけてみてください。心が晴れるようなファッションやヘアメイクにすれば、お出かけをより楽しむことができますよ!

<小田原城址公園(小田原城総合管理事務所)>
神奈川県小田原市城内3-22
0465-23-1373

<お寺カフェ 瑞鳥庵>
神奈川県小田原市北ノ窪145
0465-44-4095
営業時間:10:30~18:00(L.O.17:30)
定休日:水曜日

<北ノ窪天神社>
神奈川県小田原市北ノ窪144

<浄土宗 陽雲寺>
神奈川県小田原市北ノ窪127
0465-34-4545

<カフェ・ラ・ミル ラスカ小田原店>
神奈川県小田原市栄町1-1-9 ラスカ小田原5F
0465-23-0141
営業時間:10:00~21:00
定休日:無休(ラスカ営業日に準じる)

-