ファッションウィッグのフォンテーヌが
運営する、見るだけでも楽しい
おしゃれなお出かけ情報をお届け♪

ファッションウィッグのフォンテーヌが運営する、
見るだけでも楽しいおしゃれなお出かけ情報をお届け♪

メイン画像

女性守護の淡島堂へ参拝し、話題のカフェでランチ

No. 252

以前、京都にある女性を守護する「いちひめ神社」を紹介しました。
京都の街中にある神社では多くの女性の参詣者を見かけ、可愛い絵馬やお人形型のおみくじに心がトキメキました。

女性を守る神様を訪ねる第2弾として、今回は東京都世田谷区代沢にある森厳寺(しんがんじ)を参拝しました。

下北沢駅から約10分。
オシャレなカフェや高感度なファッションにあふれるお店が軒を連ねる下北沢駅周辺とは打って変わり、閑静な住宅街が続くエリアに森巌寺はあります。

ここには女性を守護する神様、淡島大明神を祀る「淡島堂」も鎮座しています。
お寺なのに神様?
そう、森厳寺はちょっと不思議なストーリーのあるお寺なのです。
山門

風格を感じさせる「森厳寺」の文字が書かれた山門が見えると、あたりの鬱蒼とした緑の深さに驚きます。
山門をくぐると、深い緑のせいで境内は薄暗く「ひっそり」という言葉がしっくりくるような雰囲気が漂っていますよ。

境内

境内には幼稚園と背の高い銀杏の木、淡島堂、そして一番奥に森厳寺の本堂があります。
このお寺は徳川家康の次男、結城秀康の位牌所として建立されました。
歴史の舞台では登場することが少ない秀康ですが、家康の跡を継いだ弟・秀忠よりも武将として優れていたという話が残っています。
狛犬のあるお堂

境内にある木造の古めかしいお堂が淡島堂で、天保7年(1836年)に建立されました。正式名称は「北沢淡島明神社」といい、祭神は医療と医薬の神である少彦名神(すくなびこなのかみ)で、大黒様もお祀りしています。
淡島大明神は神様なので、お堂の前に狛犬が鎮座していますね。
淡島堂

淡島様は住吉大明神の妻。婦人病を患った彼女は紀州に流されてしまい、海女の守護神となります。やがて、婦人病治癒をはじめ、安産や子授け、裁縫の上達、人形供養などに霊験のある神として、崇められてきました。「あわしま」という名前にも女性らしさや柔らかさを感じますよね。
針塚

毎年2月8日には「針供養」が行われ、服飾関係者をはじめ、使い古した針を納めに来た人たちが豆腐に針を刺して供養する行事が行われます。

さて、なぜこのお寺に淡島大明神が祀られているのでしょうか。
それは森厳寺を開山した孫公和尚にヒントがあります。

彼は日夜、腰痛に悩まされていました。
ある日、この夢枕に淡島大明神が立ち、腰痛を治すためのお灸の方法を伝授します。おしえられた通りにお灸を行ったところ、彼の腰痛は完治!
石碑

孫公和尚はこの霊験に感謝し、故郷の紀州・加田から淡島大明神を勧請し、淡島堂を建立しました。

やがて、淡島様からの秘法であるお灸を毎月3日と8日に施したところ、とてもよく効くと江戸中の評判となり、「お灸の淡島さん」といわれるほどに。多くの人々が参詣するようになり、森厳寺の門前町は大変賑わったそうです。

その賑わいの名残が、渋谷から経堂を結ぶ「淡島通り」です。
周辺には淡島という地名はないのに、通り名に残されていることから「お灸の淡島さん」は江戸中にその名をとどろかせていたのでしょうね。石碑を見ながらそんな想像にかきたてられました。

森厳寺を後に、淡島通りへ。
淡島通り

この通りにはオシャレなうえ、料理が美味しいカフェやレストラン、パティスリーなどが集まっています。

ランチは淡島通り沿いにあるスタイリッシュなカフェ「BLUE RIBBON TOKYO」へ。
お店外観

このお店のメインダイニングは2階で、1階の奥にある階段を上がっていきます。

お店の名前は日本の映画賞「ブルーリボン賞」に由来し、映画のワンシーンのような素敵な時間を過ごしてほしいという思いから。俳優である山田親太朗さんがプロデュースするお店らしいネーミングですね。
内観

2階のメインダイニングにはソファ席、大きなテーブル席のほか、個室も用意されています。
シンプルな空間に、デザインが光るインテリアがさりげなく置かれていて、目を楽しませてくれます。
また、席幅がゆったりとられているので、くつろぎのランチタイムを過ごせますよ♪

さて、ここのランチはボリュームたっぷりなのが特徴。
定番のほか、週替わりで提供されるメニューもあり、この日は豚の角煮をいただきましたよ。ごはんは玄米もしくは白米が選べ、スープ、サラダ、ドリンクが付きます。
角煮ランチ

お肉がホロっと崩れるほど柔らかく煮込まれた豚の角煮。
豚角煮

とても上品なお味です。

こちらは定番のチキン南蛮。
チキン南蛮

卵とマヨネーズで作られたソースがたっぷりです。

お店の3階にはカラオケやビリヤードを楽しめるお部屋やバーベキューのできるテラス席などもあるそうですよ。

緑豊かな森厳寺で女性を守護する淡島大明神に手を合わせた後は、かつて参詣客で賑わった門前町に思いを馳せながら、江戸期の名残である淡島通りで食事を楽しんでみてはいかがでしょうか。

<ご案内>
森厳寺
東京都世田谷区代沢3-27-1
TEL03-3421-1730
https://shinganji.jp

BLUE RIBBON TOKYO
東京都世田谷区池尻4-37-8
TEL03-6450-9393
https://www.blueribbontokyo.com

-