ファッションウィッグのフォンテーヌが
運営する、見るだけでも楽しい
おしゃれなお出かけ情報をお届け♪

ファッションウィッグのフォンテーヌが運営する、
見るだけでも楽しいおしゃれなお出かけ情報をお届け♪

メイン画像

絶品の甘みを堪能!渋谷パルコ地階の老舗甘味処へ

No. 256

渋谷のランドマークの1つで、ファッションの発信地として知られる「渋谷PARCO(パルコ)」。
パルコ外観

2016年に一時休業し、2019年にリニューアルオープンした新生「渋谷パルコ」は「ファッション」「アート&カルチャー」「エンターテイメント」「フード」「テクノロジー」という5つのコンセプトでフロアが構成され、193店が出店しています。

なかでも私が好きなフロアは地階の飲食店街「カオスキッチン」。「食・音楽・カルチャー」をコンセプトに、飲食店やグッズショップ、占いコーナーなどが入店しています。
カオスキッチン

「カオス」の名にふさわしく、多彩なジャンルの食やショッピングが混ざりあい、通路を歩くだけで好奇心をくすぐられます。
カオスキッチン1

カオスキッチン2

カオスキッチン3

カオスな空間にはミシュランガイドにも掲載された代官山「Ata」の新業態のお店をはじめ、希少なジビエ・昆虫料理のお店「米とサーカス」、スタンディングで気軽に天ぷらをつまめる「立ち飲み天ぷらKIKU」、レコード愛好家に人気のレコードショップ「ユニオンレコード」 や音楽フェスのグッズを販売する「GAN-BAN/岩盤」など、食と音楽を愛する人にはたまらないラインアップ。

今日はカオスキッチンのなかにある私のお気に入りのお店「甘味 おかめ」を紹介しましょう。
おかめは半蔵門ほか、都内にいくつか出店しているのでご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。渋谷パルコ内のお店でも名物であるおはぎやあんみつ、ぜんざいのほか、食事メニューが用意されています。
おかめ外から

おかめの店内はどこも和の雰囲気を伝える民藝調の内装ですが、渋谷パルコのお店は一味も二味も違います。

まず、カオスキッチンの通路を歩いていると目に飛び込んでくるのが壁面の女性の顔!
このアートワークはアーティストの浅岡咲子さんの作品です。
アートワーク

壁面アートがインパクトがあり、入店した人は皆、くぎ付けになるはず。
初めてお店に入った時、思わず「ぶっ飛んでいる…」と呟いてしまいました。

お店の真ん中には欅の一枚板でできたテーブルが設置されています
スタッフの方にうかがったところ、この木は樹齢200年を超え、テーブルの形は、おめでたい形といわれる「鼓型」だそう。
テーブル

この日、オーダーしたのは「甘辛弁当」。おでんにおはぎに茶飯のおむすびも付いてきます。
甘辛弁当

おでんは薄味で、上品な味わいが楽しめます。
おでん

大人の握りこぶしぐらいある名物おはぎは、つぶあん・胡麻・きなこ・玄米から選べます。
おはぎ

私はきなこをチョイス。もち米ときなこの組み合わせはなぜこんなにも人を幸せにするのでしょうか。そんなことを思いながら、美味しくいただきました(^ ^)

おかめのおはぎは1個から購入でき、手土産にも使えますよ。
また、渋谷パルコ店限定のメニューとして、チャーシュー入りおでんと出汁で炊き込んだ茶めしがセットになった「豚茶めし」などもあります。

いい感じにおなかが満たされた後は、パルコの屋上へ散策に出かけました。
ここにはROOFTOP PARK(ルーフトップパーク)という公園があり、見晴らしのよい展望スペースも用意されているのです。
公園

屋外にあるエスカレーターで屋上へ。
途中、6階には任天堂の公式ショップ「ニンテンドートーキョー」があります。ここは国内初となる任天堂の直営オフィシャルショップ。
ニンテンドー

そこから10階を目指します。
眺望のよいROOFTOP PARKでは渋谷スクランブルスクエアやマルイといった渋谷らしい建物のほか、東京タワーや六本木ヒルズなども見えますよ。

渋谷パルコのご近所さん、タワーレコードを発見!こちらも渋谷の顔として長く親しまれていますね。
今まで見たことのなかった景色を楽しめました。
タワーレコードの見える景色

渋谷にお出かけしたら、ぜひ食もお散歩も楽しめる渋谷パルコへお出かけしてみませんか。その際は、ウイルス対策も忘れず行いましょう。
公園通り

<ご案内>
甘味おかめ
東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO B1F
03-5422-3560

-