ファッションウィッグのフォンテーヌが
運営する、見るだけでも楽しい
おしゃれなお出かけ情報をお届け♪

ファッションウィッグのフォンテーヌが運営する、
見るだけでも楽しいおしゃれなお出かけ情報をお届け♪

メイン画像

「恩賜箱根公園」の雄大な自然でリフレッシュ!

No. 261

待ち遠しい春がもうすぐやってきますね。ワクワクする気分になる一方、新たな環境の変化や、長引く緊急事態宣言などでストレスを感じている方もいるかもしれません。そんなときは、大自然の中に身を置いて、心身ともにリフレッシュさせるのがおすすめです。

今回わたしは、「恩賜箱根公園」へお出かけしてきましたよ。アクセスは、箱根登山鉄道の「箱根湯本駅」からバスで約40分。新宿から箱根湯本駅までの所要時間は、小田急ロマンスカーで約1時間半。小田急ロマンスカーには展望席のある車形もあるので、小旅行を存分に楽しめますよ。もちろん公園には駐車場もあります。
石碑

公園のパンフレットによると、恩賜箱根公園は、「明治時代に築造された『箱根離宮』の跡地を1945年に神奈川県へ下賜され、公園として一般公開された」とのこと。2013年には、国登録記念物に登録されています。ちなみに、入場料は無料です。
遊歩道1

緑に囲まれた園内はとても広いのですが、遊歩道があるのでお散歩気分で歩けます。わたしが訪れた3月初旬の箱根は、まだまだ肌寒く、草木も眠りから覚めていないようでしたが、桜・つつじ・あじさい・紅葉など、四季折々の草花を満喫することができます。
展望1

ベンチの向こうに広がるのは芦ノ湖。四方を芦ノ湖に囲まれた園内では、いたるところから絶景を望めます。
花

ふと足元に目をやると、オオイヌノフグリがたくさん咲いていました。小さくて愛らしい青い花は、「星の瞳」という別名があるそう。ちなみに、花言葉は「忠実」。確実に春が近づいていますね。
展望2

こちらも遊歩道からの眺めです。
遊歩道2

木立の間にある道。絵本や映画のワンシーンのようです。
中央広場

公園の中央にある中央広場に到着しました。芦ノ湖の向こうには、雄大な山々が連なっています。天気の良い日には、富士山も姿を現しますよ。
展望館

中央広場にある湖畔展望館は二階建ての洋館で、箱根離宮の資料を集めた展示室などがあり、だれでも無料で入館できます。
ステンドグラス

ステンドグラスや照明が、レトロな雰囲気ですてきです。
喫茶

2階には、茶処「緑賜庵(りょくしあん)」という喫茶コーナーがありますが、この日は残念ながら営業していませんでした。基本的には週4日営業で、3月は春休み期間中、4月、5月は無休だそうです(詳しくは、お問い合わせください)。窓から芦ノ湖や富士山を眺めながら、くつろぐことができますよ。
展望3

2階バルコニーからの眺め。
遊歩道3

広い園内には、中央広場以外にも広場や展望台、自然探勝路がありますが、この日は別の遊歩道を通って戻ることに。
コケ

幻想的で美しいコケが目を引きます。箱根は雨や霧が多いことから、園内では、さまざまな場所にコケが広がっていました。公園のパンフレットによると、147種のコケが確認されているそうです。色とりどりの草花はもちろん美しいですが、コケを楽しむのも一興ですね。

さて、バスで箱根湯本駅へ戻ったら、駅周辺をぶらりと散策。「箱根かれー心」というお店でランチを食べたのですが、お腹が空いていたのと、このお店のカレーが好きなことから、写真も撮らずに食べてしまいました。以前のブログで紹介しているので、よかったらご覧ください。
ティラミス

おみやげは、昨年オープンしたばかりのティラミス専門店「箱根てゑらみす」で、プレーンタイプのティラミスを購入。地元にある「そうけい珈琲」というお店のコーヒー豆を使用しているとのこと。ボトルに入ったパッケージがかわいいです。プレゼントにも良さそうですね。

今回は、雄大な自然を満喫しに箱根へお出かけしましたが、いかがでしたか。恩賜箱根公園の周辺には、パワースポットの「箱根神社」もあります。ぜひ両方立ち寄って、自然のエネルギーをチャージしてみてください。

お出かけの際は、コロナウイルス感染予防に努めるのはもちろん、おしゃれを楽しむことも忘れないでくださいね!

<神奈川県立恩賜箱根公園>
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根171(管理事務所)
0460(83)7484
入園料:無料

<箱根てゑらみす>
神奈川県足柄下郡箱根町湯本706-1
0460(85)5893
営業時間:10:00~17:00
定休日:水曜日、12月31日、1月1日

※詳しい営業情報は、お問い合わせください。

-