ファッションウィッグのフォンテーヌが
運営する、見るだけでも楽しい
おしゃれなお出かけ情報をお届け♪

ファッションウィッグのフォンテーヌが運営する、
見るだけでも楽しいおしゃれなお出かけ情報をお届け♪

メインイメージ

真鶴の森と海に癒される。

No. 285

今日で8月も最終日。今年の夏は昨年に引きつづき、旅行を気兼ねなく楽しんだという方はほとんどいないかもしれません。とはいえ、時にはお出かけをしてストレスを解消したいですよね。そこで今回は、森と海に囲まれた真鶴半島へ行ってきましたよ。

神奈川県足柄下郡にある真鶴までのアクセスは、JR東海道線「東京駅」から約1時間半。都内からなら日帰りもできる距離感です。まずは真鶴駅で「ケープ真鶴」行きのバスに乗り、真鶴半島へ向かいます。ちなみに、ケープ真鶴には有料の駐車場があります。
真鶴1

お昼前に到着したので、まずは施設内のレストラン「美食広場」で腹ごしらえから。眼前に広がる青い海を眺めながら食事を楽しめます。より海に近いテラス席もありました。メニューの品数はあまり多くなかったので、真鶴の別の場所で新鮮な海鮮ランチを堪能するのもよさそうです。
真鶴2

わたしが注文したのは、真鶴産の魚の干物を盛り合わせた定食。シンプルながら本当においしくて、ごはんが進みます。ぺろりと食べてしまいました。
真鶴3

海に囲まれた真鶴半島には自然のままの原生林があり、ケープ真鶴の周辺にはのんびりと散策できる遊歩道がたくさんあります。さっそく、お散歩をしてみることに。
真鶴4

鬱蒼とした森の中は独特な静寂が広がっており、ジブリ映画の不思議なキャラクターが今にも出てきそうな雰囲気。ケープ真鶴からだとやや距離がありますが、県立真鶴半島自然公園、お林展望公園などもあるので、ウォーキングが好きな方はぜひ足を延ばしてみてください。
真鶴5

真鶴の森林は「魚付き保安林」として大切にされています。漁師さんをはじめとする地元の方は「お林」と呼んで親しんでいるそうです。ケープ真鶴のサイトによると、「300年以上のクスやスダジイ、クロマツで形成されている」とのこと。
真鶴6

原生林ならではの風景。
真鶴7

生命力を感じさせる大きな木。目に見えないエネルギーが森を包んでいるようです。そして、散策に熱中していたら、天気が急変して雨が降り出しました。真鶴といえば海なので、急いで真鶴岬へ戻り海へ向かいます。
真鶴8

先ほどまでの青空がうそのように、黒い雲が空を覆っています。神秘的なパワースポットとして有名な「三ツ石」を眺めたくて、雨の中、ケープ真鶴から海岸へ下りるための階段へ。ですが、雨が激しくなってきたので海岸へは下りずに、階段の途中から眺めることにしました。ちなみに三ツ石は、潮の満ち引きで景観が変わるのだそうです。
真鶴9

「かながわの景勝50選」にも選ばれている真鶴岬と三ツ石。晴れていたら、さらに壮観の眺めだったのではないかと思います。初日の出スポットとしても人気のこの場所では、お正月でなくても美しい日の出を楽しめます。一泊旅行などができる場合は、ぜひ日の出を拝んでみてはいかがですか。
真鶴10

「真鶴最南端」の看板がありました。最南端にある三ツ石海岸と、真鶴半島のもうひとつの海岸・番場浦海岸は、一級磁場の釣りスポットとしても大変人気だそうです。ケープ真鶴のサイトによると、「良型のメジナやイシダイの他、カサゴやメバル等」が釣れるとのこと。釣り好きの方から磯遊びの子どもまで、年代に関わらず楽しめる海岸です。
真鶴11

真鶴岬からの眺め。結局雨は止みませんでしたが、開放感あふれる景色に日ごろのストレスが吹き飛びましたよ。
真鶴12

今回は、神奈川県にある真鶴半島へお出かけしましたが、いかがでしたか。ケープ真鶴の2階には「県立遠藤貝類博物館」があり、真鶴町の貝類研究家である遠藤晴雄氏から寄贈されたコレクションが一般公開されています。わたしが訪れた時は臨時休館していたので、博物館が目当ての方は事前に問い合わせたほうが良いかもしれません。

なにかと落ち着かない社会情勢ではありますが、みなさんもぜひおしゃれをして、心身のリフレッシュをしにお出かけしてみてください。その際は、マスク着用や手洗いなど、コロナウイルス感染対策を忘れずに行うようにしましょう。

<ケープ真鶴>
神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1175-1
0465-68-1112
営業時間:10:00~18:00前後(レストラン「美食広場」は11:00~16:00)
休館日:無休(レストランは火曜)

※営業時間などの詳しい情報は、お問い合わせください。

-