ファッションウィッグのフォンテーヌが
運営する、見るだけでも楽しい
おしゃれなお出かけ情報をお届け♪

ファッションウィッグのフォンテーヌが運営する、
見るだけでも楽しいおしゃれなお出かけ情報をお届け♪

メインイメージ

人も肥ゆる秋!人気イタリア料理店「NATIVO」へ

No. 292

「食欲の秋」といわれるほど、秋は1年のなかでも食材が豊富で美味しいものに出会える季節。今回は世田谷区三軒茶屋にある人気のイタリア料理店「NATIVO(ナティーボ)」にお出かけしました。

お店は三軒茶屋駅から徒歩約10分。中里商店街から左に少し入ったところにひっそりと佇んでいます。
ここは扉を開けてすぐ左にセッティングされているテーブル席。
テーブル席

グルメ雑誌の特集ページの巻頭を飾ったり、テレビ番組にも登場するなど、2017年のオープン以来賑わっているこのレストラン。求心力の1つはオーナーシェフの太田哲雄さんの経歴にあります。

「世界一予約の取れないレストラン」として有名だったスペインの「エル・ブジ」。太田シェフは多くの料理人が憧れた、このエル・ブジで腕を磨いた後、ペルーに渡り、世界のベストレストラン50に数年上位にランクインしている「アストリッド・イ・ガストン」で経験を積まれています。

一流どころで修行されたシェフがついに東京でレストランを開店する…ということで、NATIVOはオープン前から美味しいものに目がないグルマンの間で話題となっていました。

そんなわけで、念願叶って訪れたNATIVO!
店内では食材やキッチンで立ち働く料理人の様子がよくわかるカウンターに座りました。こちらは当日のおすすめを黒板に書いています。
黒板メニュー

定番は紙のメニューが用意されています。

では、私が楽しんだメニューを紹介していきましょう。
「玉ねぎのオーブン焼きピエモンテ風」。
見た目からはどんな食材が使われているがわかりにくいかもしれません。
玉ねぎのオーブン焼き

実はこちら、お店でぜひオーダーしてほしいスペシャリテ。
皮付きの玉ねぎの中身をくり抜き、ピューレをつめ、パルミジャーノチーズをかけて焼かれています。
玉ねぎを豪快に覆っている白いものはセモリナ粉とミルクのエスプーマ。
玉ねぎをあえて焦がすことで生まれるスパイシーな風味と甘み、チーズのコクがクセになりそうな味わい。なんとも斬新なオニオンスープです。最後まで余すことなく、自家製フォッカチャにつけていただきましたよ。

行った時はちょうど、キノコの季節でした。
カウンターの上に山を作っていたポルチーニ茸とジロル茸。

ポルチーニ茸

ジロル茸

ポルチーニを選ぶとフリットに変身!
パルメジャーノとレモンでいただきましたよ。
ポルチーニのフリット

ところで、NATIVOの店内はインテリアのヒントにしたくなるほど、おしゃれです。
落とされた照明にヨーロッパの貴族の館を思わせる品格ある花柄の壁紙。
店内

そして、個人的に気になったのはカウンター席に並ぶ、ブルー系カラーのラグジュアリーな革張りチェア。とても座り心地がよいのです。

こちらは料理に合わせたベルモット「BIERMU」。
ベルモット

スペインのビエルソで作られているワインに香草などを入れて作られています。

「レモンパスタ」にトッピングされているのはイタリアから輸入されたツナ。
パスタ

日本のシーチキンより、海を感じさせる味わい。
レモンの酸味、ピリッときく青唐辛子、そしてツナが絡まった麺を口に運ぶ時は本当に幸せでした。

バターソースに浸されている「赤鶏のバターチキン」は身がふっくらとして、やわらか。
バターチキン

とてもシンプルな見た目ですが、シェフの技術を感じる一皿。トリのムネ肉に塩コショウし、小麦粉と卵液をまぶし、澄ましバターをかけながら低温で火を通しすのだそう。早い話、トリムネ肉のピカタをバターで調理するのですが、ここまでふっくらとは仕上がらない…。料理人の高い技術を感じました。

オープンキッチンでは料理人が見えますが、意外にもカセットコンロを使う料理もありました。

デザートは「ティラミス」と「フォンダン・カカオ」を。
ティラミス

フォンダン・カカオは食べる直前に、カカオをたっぷりとふりかけてもらえます。
フォンダン・カカオ

ちなみにNATIVOはペルーからアマゾン産無農薬カカオを輸入するインポーターでもあり、他のレストランにも卸していらっしゃるそう。

しょっちゅうは行けないけど、特別な日には奮発して出かけたいレストラン。
NATIVOはそんなリストに入るお店でした。
また近いうちにここで美味しいものにたくさん出会えるのを楽しみにしています。

<ご案内>
NATIVO
東京都世田谷区上馬1-17-8
TEL 03-6450-8539
https://www.facebook.com/NATIVOTOKYO/

-