ファッションウィッグのフォンテーヌが
運営する、見るだけでも楽しい
おしゃれなお出かけ情報をお届け♪

ファッションウィッグのフォンテーヌが運営する、
見るだけでも楽しいおしゃれなお出かけ情報をお届け♪

main_w78

親子狛犬が迎えてくれる!寒田神社へお出かけ

No. 297

あっという間に11月下旬になり冬がやってきました。今年はどんな人にとっても大変な1年だったと思いますが、2021年の締めくくりに向けて、気持ち良く日々を過ごしたいですよね。そこで今回は、神奈川県松田町の「寒田神社」へお出かけしてお参りをしてきました。
神社1

寒田神社へのアクセスは、小田急線「新松田駅」またはJR御殿場線「松田駅」から歩いて10分ほど。無料の駐車場もあります。松田町の公式ホームページによると、寒田神社は「平安時代中期の『延喜式神名帳』に記載された延喜式内社の1つで、相模の国では当社を含めて13の神社が記されて」いるとのこと。延喜式神名帳とは、延長5年(927年)当時、「官社」に指定されていた全国の神社一覧のことだそうです。
神社2

龍の彫刻が目を引く手水舎は、コロナ対策のため使えないようになっていました。
神社3

赤い外観がめずらしい拝殿。両脇にそれぞれ親子の狛犬がいます。
神社4

表情はこわいのですが、なんだかほのぼのしますね。
神社5

100円玉を入れると自動で出てくるおみくじも引いてみました。ちなみに、御朱印は現在休止中だそうです。
神社6

中が空洞になっていて、途中で折れているご神木。樹齢はわかりませんが、歴史を感じさせる佇まいです。
神社7

境内にある「腰掛石」。町の公式ホームページによると、「日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東征の際に立ち寄ったという伝説」があるそう。この腰掛石にも座ったのでしょうか。
神社8

拝殿の裏にはいろいろな境内社があります。鳥居が錆びてしまっていますが、こちらは「寒田稲荷」です。
神社9

小さな狐がたくさんいました。
神社10

めずらしい「歯の供養碑」。足柄歯科医師会によって建立されたようです。歯のかたちの石が使われていておもしろいですね。
神社11

複数の境内社がありました。
神社12

境内社のある拝殿の裏側は、森のようになっていて空気がすがすがしく、静寂に包まれています。神聖な雰囲気が漂っていましたよ。
神社13

さて、参拝を終えたら、おなかが空いてきました。今回は、小田急線の新松田駅から海老名駅まで移動してランチにしたいと思います。ちなみに移動時間は、快速急行に乗って約30分です。

ららぽーと海老名にある「大連餃子基地 DALIAN」へ行ってみました。店舗は東京と神奈川に展開しているようです。注文したのは、ランチメニューの「焼餃子セット」。パリパリの羽根がついています。
ランチ

餃子の皮はやや厚めでもちもちした食感。一口かじると肉汁がじゅわっとあふれます。スープや春巻き、サラダなどがセットになっていて、税込み1000円以下でしたよ。ほかにも水餃子や麺、台湾のルーローファンなどがそろっていました。

今回は、神奈川県松田町にある寒田神社をご紹介しましたが、いかがでしたか。新松田駅や松田駅周辺はのんびりとした場所ですが、飲食店もあります。こちらの記事では、新松田駅そばにある「若松食堂」を訪ねました。ぜひ参考にしてみてください。

コロナウイルスの感染者数は減ってきていますが、お出かけの際はマスク着用などの感染症対策を忘れずに行うようにしましょう。みなさんもぜひおしゃれをして、お出かけを楽しんでくださいね。

<寒田神社>
神奈川県足柄上郡松田町松田惣領1767
0465-82-1931

<大連餃子基地 DALIAN ららぽーと海老名店>
神奈川県海老名市扇町13-1 ららぽーと海老名4F
046-206-6691
営業時間:11:00~22:00
定休日:不定休(ららぽーと海老名に準ずる)

※営業時間などの詳しい情報は、お問い合わせください。

-